×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



2011

H23年8月18日 木曜日
野池〜河口湖〜精進湖〜野池〜海
MAK・KIYO

「前回は酷かったな・・今回は気分を変えて淡水ツアーで撃沈するかね。」「そうしよう!」
「んじゃ朝5時でね。」「やりたいけどSEX禁止して行くよ。」

恒例となったKIYOとの木曜釣行。何故か偶然俺も木曜休みが続いてるからね。
海は懲りたとの事で、今回は淡水釣り場巡りを企画提案してみた。

5時、部長のプリウスが到着。ツレがオニギリと水筒を持たせてくれたので釣具と共に積み込み。いつもありがとね。
際どい服装で見送るツレに興奮するKIYO。

「朝からフェロモン出すぎだよ!」「でも俺我慢したぞ。」
「眠い・・。」「あ!やったな?!」「うん・・何かムラムラして。しかも一度寝たのに。」「四十路は今日に響くぞ。」

いきなり部長の違反が発覚。のっけからダメな予感ひしひし。

富士五湖方面にひた走るDBP(恫喝部長プリウス)。
「遅いな・・。」「エコモード?だとアクセル踏んでもスピード出ないんだよ。」
「そういうカラクリか。」「燃費が良いとか言うけど良く出来てるんだよね。」

以前よく回った野池郡を見て行こうという話になり、寄ってみる。激戦区だからダメだろうなぁ。
ひとつめは先客有り。お!次は居ないぞ。叩かれてるだろうけどやってみよう!

「昔ここで小バス100匹釣った事あるんだよな。今はダメだろうけど。お!まだ居る居る!」
小バスがちょろちょろと泳いでるのが見える。キャストして誘うもかなり渋い。

やっとHIT!いや〜ここでバス釣ったの何年ぶりだろう?


「おっしゃ!ボウズ臭プンプンのツアーで朝イチボウズ脱出!」「良いなぁ・・。」

小さい池なので一周する。ポツポツ居るが渋い。中には40UPもチラホラ。
どうにか食ってくれるのはこのサイズ。でも俺には満足サイズ♪


一周して3匹。KIYOは・・聞かないでやって下さい。


ここで粘ったらいかんと富士五湖方面へ。朝出発の釣行はやっぱ良いやね〜♪

忍野でやれたらやってみようと寄ってみるも・・フライマンだらけ。ここでその格好は要らなくない?って人ばっか・・。
ルアーエリアも大幅に減少したらしいし、魅力を感じないな。結局ここはフライマン専用の管釣りみたいになっちゃったね。

次だ次!と移動。河口湖に到着。ここで狙うはハス。過去何度かチャレンジしたものの轟沈している。

ちょいと見に行くと流入河川にハスが集結!「こりゃやるしかないら〜!」
興奮しながら支度して漁券買って(1000円痛い・・)釣り場へGO!

バサーが数人居るがバッティングしない距離と場所なので一安心。
スプーンを結んで早速河口へキャスト!1投目でHIT!しかしジャンプでバラシ・・くう〜。

湖を攻めていた部長にHIT!「お!凄い!」「あれ?」「ニゴイでも良いじゃん♪」


更に部長にHIT!またもニゴイ!やるぅ〜!しかしテンション激落ちでノーリアクションの部長。
「ハスじゃないから・・。」「撃沈確実ツアーでボウズじゃないだけ良いじゃん。俺もニゴイ釣りたいぞ。」


俺も湖に向かってマイクロスプーンをキャスト!水面をピシピシ高速で巻いて来る。
ハスの数は凄いのに反応する奴はごく僅か。それもやる気ない感じで「ん?」って見るだけ。厳しいYO!

諦めずにピシピシやってると横っ飛びでハスがバイト!ぬお〜かなりの衝撃!おっしゃあ!ハスGET!
いや〜何年ぶりだろ?茨城で釣った以来だなぁ。超カッケー♪


リリース時にもう1枚。良いのう〜。


KIYOは重いスプーンでデレデレ引いてたのでニゴイが食った模様。
ハスは基本高速だと教えて2人で頑張る。

しかし渋い・・魚は居るんだけどね。ネットだと「釣りすぎて疲れた」「簡単だから面白みに欠ける」とか書いてあるのになぁ・・。

「どうやりゃそんな簡単に釣れるんじゃ。そう言えば暗いうちが良いとか何とか・・。」「朝イチこっちだったんじゃない?」
「いや、もうシーズン終盤なのかも。皆もう少し早い時期だった気がする。」「MAKは釣れたから良いよ。俺も釣りたい。」

ここでオッサンがやって来て「券の確認です。」「はい。」「どうも。」
「これだけ居るのに真っ先に俺ら・・。まぁ完全に異質だからな。券無しだと思ったんだろ。」

2人で少しずつ移動しながら探るもバスとニゴイのチェイスのみ・・。カマツカがいっぱい居たのに萌えてしまった。
ウグイやオイカワも多いし、ここは延べ竿にミミズで遊ぶのも楽しそう。

爽やかな風が吹く湖に立つ恫喝部長の図。


インレットに戻るもバサーがワラワラ。しかもあの2人券持ってねぇし。
でかいトップやラバジ投げてるバサーが、釣れないとハスやニゴイにちょっかいを出すのでウザイ。

こっちは本命で狙っとるんじゃ。ドバンドバン投げ込んで邪魔すんなっつうの。臆病なハスが散っちまう。
やる気なしチェイスを見ていたら・・閃いた。ていっ!ていっ!食ったぁ!ぬお〜また痛恨のバラシ〜。

今の良いかも。オラオラオラオラ〜!HIT!ぬお〜ギャングスターぶち曲がり〜♪
カチカチのバスロッドで「ハスは引かない」とか言うな。アジングロッドなら超楽しいZE!

ぬう〜♪感無量。良い魚だ。暫しウムウムと見とれてしまう。弱い魚だから早く逃がさんとね。


この後、何度か食わせるもフッキングせず。悔しい。
ミノー、スプーン、フェザージグの中ではフェザージグが最も反応が良かった。毛は強い。

偶発的にオイカワも釣れました。微妙に口付近にフッキング。


これからか?と思いきやバサーは増えて来たし、インレット付近で草刈りは始まっちまうし、厳しい状況に。
移動するも他のインレットは工事やバサーでダメダメ。もっとハスが釣りたいのになぁ・・。

部長に判断を委ねると「他の湖へ移動」との指示が。ここで思い切って精進湖まで移動。
ここでバスギルは堅いと思われたが・・予想外に居ない。以前はもっと居たのになぁ・・。

溶岩帯をサンダルとアクアシューズで進む無謀なオッサン2人。
KIYOのアクアシューズはソールがメチャ薄らしく「痛い痛い!」と絶叫しまくり。

かなり進んでどうにかバスをGET!この先ずっとデジカメのレンズカバーが戻らないのに気づかず・・。


溶岩に立ち頑張る部長の図。


ギルはその気になれば結構釣れるんだけどね。以前に比べれば格段に減った。


車に戻りヒイヒイ・・かなりの体力をロスト。やっぱ溶岩帯ウォークはキツイ。
車で移動しポイントチェンジ。しかしバサーが多いなぁ・・。

またもかなりの無茶をして先へ先へ。KIYOは激痛足裏マッサージ状態でヒイヒイ。
苦労したのにこのサイズ・・無念。


ギルも渋い・・。


このサイズならポツポツ。釣れないよりマシだが・・。


ここまで藪コギして来たのに・・と嘆きたくなる自分も居る。
しかし贅沢は言ってられない。だってもう1人の方・・ここでボウズですから・・。


車に戻り、どっちに行くか考える。河口湖に戻るか?帰り方面でグズグズになるか?
部長の判断は・・「1度行ったとこだとダメな場合頑張れない。」との事で帰り方面グズグズコースに。

お〜!JUNちゃんが働いてる観光施設だ!今は出張で居ないらしい。彼も忙しそうだわな。
釣り場に行く前に腹ごしらえ。一番亭でランチを。このボリュームで激安だ。今日も部長の奢り、スマンです。

周りの男客が皆このランチだったのが笑える。やはり安くてボリュームがあるのは良いですな。

ここから野池に移動。奇跡的に先客無しだったが・・マイクロバスしか居ない・・。その気になれば結構釣れます。


まぁ・・釣れないよりは遥かにマシなんだけどね。これは超ちっちゃいクランクで。


部長もどうにか数匹GET。ふう〜疲れたなぁ・・。
ここからマスが釣れるとこに移動。しかし先客有りで断念。昔はここでイワナも結構釣ったっけ。

ウグイ釣り場に向かう。ここでラストだね〜なんて話をしてたらRICKYからメール。今頃かい!もう15時だで〜。
ウグイ釣り場をスルーして一路海へ。万が一ソウダでも回ってりゃ気分爽快で帰れるだろうと希望的観測。

1時間走って海に到着。部長の体力は限界近い。タイムリミットもあと僅か。
RICKYと合流するもソウダのソの字も回ってねぇ〜。テイサー。

おまけに釣り人だらけでいつものとこにすら入れない。
結局「勝新」付近でダラダラと。

いつでも遊んでくれるネン様・・ありがとう。オジサンは疲れたYO。


おお〜!やっぱカサゴのファイトは良いですなぁ♪


流入河川ではメッキ。


セイゴも抜きポロ。ここでタイムアップ。えらい距離走って色んなとこで釣りしたけど・・厳しかったなぁ。
俺としては河口湖でもう少し粘りたかったけどね。粘ったところで轟沈だっただろうけど。

RICKY車と2台で帰路に。途中RICKYが停車。いかつい顔で降りて来て「KIYO急ぐならMAKを送ってくよ。」と。優しいのう。
しかしビビッて断るKIYO。「あんな怖い顔で言わなくても良いのに。絡まれたかと思った。いや〜ありゃ怖いわ。体もゴツイし目つき悪いし。」

1日の激闘を終え、フラフラのオッサン2人。俺は思いっきり遊びすぎて完全に体調を崩してしまった。
渋かったし厳しかったけど、久々に淡水の色んなとこへ行けて楽しかったな。

ハスが釣れたのは個人的に大収穫。これの為に河口湖に行ったんだしね。
もっと釣れれば何よりだったけど修行不足だなぁ。引き出しの少なさを痛感。

確実に魚を釣るなら地元の海に行けば良いのは百も承知なんだけど、こうして冒険したくなるんだよね〜。
次回からはもう少し楽な釣りしてリハビリするかぁ。

RESULT
淡水
MAK
ブラックバス11匹・ブルーギル3匹・ハス2匹・オイカワ1匹
簡易自作ワーム・スプーン・フェザージグにて


ネンブツダイ4匹・カサゴ1匹・メッキ1匹・セイゴ1匹
簡易自作ワームにて




TOP
BACK
PREV
NEXT